暮らしに彩りを添える、⽇本のいいもの。

春、新しい季節の始まりに、暮らしをちょっと豊かにしてくれる“⽇本のいいもの”を取り⼊れ てみませんか。
職⼈の⼿仕事や技が光る丁寧につくられたものは、⽬で⾒るたびに、⼿で触れるたびに、⽇常 に上質な彩りを添えてくれます。

 

⽊地職⼈がくれる、上質なぬくもりと⼼地よさ



■[KITO(四⼗沢⽊材⼯芸) ]輪花盆
展開店舗:⽇本橋、新宿、⽟川、横浜、⼤阪、京都(WAGOTO)

こちらは、⽯川県輪島市で漆器の⽊地屋として伝統の技を磨き続ける[四⼗沢(あいざわ)⽊材 ⼯芸]とデザイナー⼤治将典⽒のコラボレーションによるアイテム。

“⽊といっしょに⽇常を過ごせるように”という願いが込められた「KITO(キト)」シリーズは、 上質なケヤキ材ならではの⽊⽬からナチュラルな⾵合いと個性が漂います。
花をかたどった「輪花盆」をテーブルに並べれば、まるで花が咲いたように⾷卓を華やかに演出。


中サイズ:約径24cm ONLINE


⼩サイズ:約径16.5cm ONLINE


中サイズは、ものを運ぶ「盆」としてはもちろん、ペーパーナプキンなどを敷いてパンやお菓⼦ をのせたり、いくつか⼩⽫を組み合わせて彩り豊かなワンプレートのように使ってもOKです。 ⼩サイズは、⾷べ物だけでなくアクセサリーや鍵を置くトレイとして飾っても映えそう。

 

 美しいつまみ細⼯の技法を、⽇常に



■[つまみかんざし彩野]kaminoka -紙ノ⾹-
展開店舗:⽇本橋、新宿、⽟川、横浜、⼤阪、京都(WAGOTO)

こちらは、“つまみ細⼯を⽇常に”をコンセプトに、伝統的な技法を⽣かしつつ現代のライフス タイルに寄り添う新しいアイテムとして提案する[つまみかんざし彩野]。

つまみ細⼯と⼿漉き和紙を融合させた「kaminoka -紙ノ⾹-」は、和紙の花にエッセンシャル オイルを垂らしてアロマディフューザーにも。和紙から漂う優しい⾹りが、暮らしに優美さを 添えます。


「⼀輪挿し」 ONLINE


「花かご」 ONLINE

作家の藤井彩野⽒は、地域を愛し、特⾊を⽣かし、技を磨く若き匠を応援するプロジェクト 「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」にも選出された期待の作り⼿のひとり。
2018年には、千葉県の指定伝統⼯芸品「江⼾つまみかんざし」の製作者としても認定されてい ます。

※エッセンシャルオイルは別売りです。
※花は1つずつ⼿作りしており、器は天然の⽊材を使⽤しているため、⾵合いや⽊⽬が1点1点異なります。


本記事で紹介しているアイテムのほか、“新しい⾃分になるため”のファッションやライフスタ イル雑貨など、特設サイトでご紹介しています。
「2020 SPRING STYLE」はこちら
■開催期間:3⽉18⽇(⽔)→4⽉14⽇(⽕)

関連記事