【大阪店】フランスの老舗[ガルニエ・ティエボー]の上質なテーブルクロス

上質なテーブルファブリックブランドとして知られているフランスの老舗[ガルニエ・ティエボー]が大阪タカシマヤ6階洋食器売場に登場しました。ジャカード織テーブルクロスを中心とした[ガルニエ・ティエボー]の生地が織りなす美しい世界をご紹介します。

 

フランスの老舗メーカー[ガルニエ・ティエボー]


[ガルニエ・ティエボー]は、1833年にフランスの東ボージュ地方で創業したクロスメーカーです。1900年にパリ万博で金賞を受賞。フランスの大統領官邸エリゼ宮や各国フランス大使館のご用達としても知られ、フランス政府からは無形文化財企業認定「EPV(=Entreprise du Patrimoine Vivant)」も受けています。



[ガルニエ・ティエボー]は、縦糸・横糸両方を色糸で織った初めてのメーカーと言われており、ジャカード織りで生地に模様を出します。糸染めの段階からフランスの工場で行っており、そのオリジナルな色合いが特徴です。[ガルニエ・ティエボー]のクロスは、お客さまの好みに合わせたコーディネートのしやすさにも定評があります。おもてなしの時に使いたくなる上質なテーブルクロスはもちろん、日々の暮らしに合わせやすいおしゃれなテーブルファブリックも多数ご用意いたしております。

 

現代人のライフスタイルにフィットした注目ポイント


■水をこぼしても大丈夫な撥水加工


撥水加工が施されたアクリルコーティング製品は、ワインや醤油などの液体もしっかりはじきます。お手入れはサッと拭くだけでOK。毎回お洗濯をする必要はありません。水や洗剤を使わないエコなライフスタイルに基づくフランスらしい考えは、日本の働き・子育て世代の若いお客さまにも受け入れられています。

ガルニエ・ティエボーの撥水加工は二種類あり、一つは蓮の葉が水を弾く様からヒントを得たグリーンスイートタイプです。ジャカード織の高級感をキープしながらも撥水するのが特徴。もう一つは表面をアクリルでコーティングし、油分にも対応できるアクリルコーティングタイプです。どちらも見た目の美しさと機能性を兼ね合わせたシリーズです。

■フランスらしい独特の色合い


[ガルニエ・ティエボー]は、糸染めからフランスの自社工場で行っているため独特な色合いが特徴です。日本の家庭でも使いやすいシックなカラーやカジュアルなデザインを豊富にご用意しております。また、発色が良いテーブルランナーは、おもてなしの時にテーブルを華やかに彩るアクセントにお使いいただくことも増えています。

ほかにも、[ガルニエ・ティエボー]の美しい生地で作られたキッチンタオルやエプロン、ミトンや鍋つかみなどのさまざまなキッチン小物は、結婚祝いなどの贈りものにも最適です。品がある華やかな色彩のアイテムは、世代を問わずにご使用いただけます。


大阪タカシマヤ6階の洋食器売場[ガルニエ・ティエボー]のコーナーでは、多くの商品の中からお客さまのお好みに合った商品をご提案できるようになりました。ぜひ売場でご覧ください。

関連記事