【大阪店】初心者が暮らしのなかで楽しむ茶道

静かに関心が高まっている「茶道」。雑誌で特集が組まれたり、茶道教室での日々を題材にした映画がヒットしたりして、日々の暮らしのなかで気軽に茶道を楽しもうとする人が増えています。大阪タカシマヤ6階美術画廊では「ビギナーのための茶道具特集」と題して、初心者向けの道具や手軽に楽しめるセットをご用意しています。

 

お茶をたててコミュニケーションの時間を楽しむ




「茶道」とは、客人を招き、主人が心を込めてお茶をたてて振る舞う日本の伝統様式です。そして、道具を美術品として鑑賞するなど、総合芸術としても発展しています。格式高いイメージのある「茶道」ですが、近年では、日常の中でカジュアルに楽しむ方も増えています。家で美味しい和菓子をいただくときに、お抹茶で一服したり、リビングやダイニングテーブルで気軽に気心知れたお友達やご家族とお抹茶をいただいたり。ほっこり心休まるひとときが得られます。

茶道教室も、日本の伝統様式を伝える教室に加え、新しいタイプの茶道教室も増えています。カジュアルにテーブルで習うお茶教室や、大人のコミュニケーションの一つ、教養の一つとして身に着けるビジネス茶道教室も開催されています。江戸時代には武士や町人の社交術であった「茶道」。現代人もコミュニケーションをとるために、お茶の時間を必要としているようです。

 

揃えておきたい!ビギナーにおすすめの茶道具


大阪タカシマヤでは、ビギナーの方向けの茶道具セットをご用意しました。どのようなものを使えばよいのか迷っている方におすすめです。日々のお茶の時間を楽しむための茶道具セットをご紹介します。

■お手軽セット


かしこまらずに茶道を始められる「お手軽セット」です。これだけ揃っていれば、いつでもお茶をたしなむことができます。見た目にも美しい抹茶は、趣のあるティータイムを彩ります。たまには気分を変えて、お気に入りのスウィーツを抹茶でいただくというのは、いかがでしょうか。

■喫茶箱


茶道に必要な道具が小さな塗りの箱に揃う「喫茶箱」。箱を開くと、敷物とお盆に分かれ、ちょっとした茶室気分が味わえます。塗り物、陶器。竹素材という日本の伝統技術が楽しめる茶道具セットは、海外からのお客さまからも人気の高い商品です。

■玉手箱


「玉手箱」の中には、巾着に入った茶器が収められています。存在感のある黒の茶碗と、木箱とお揃いの絵柄の入った白い茶碗は、共に美濃焼です。お客さまのおもてなしに、木箱から道具を取り出す所作も美しく目に映ります。

■tea set bag cha茶


色鮮やかなバッグに茶道具一式が収まる「tea set bag cha茶」。和装に洋装に、男女ともに似合うバッグは、持ち歩きしやすい形にしつらえています。全部で12種と豊富で、ついお茶会仲間に自慢したくなるモダンなアイテムです。高島屋オンラインストアでもご用意しています。
高島屋オンラインストア>>



■[ジムトンプソン]の「懐紙入れ」


性別・年齢を問わず使いやすい[ジムトンプソン]の生地を使用した「懐紙入れ」です。タイの伝統技術と現代デザインが融合した新しいテキスタイルが、優美な光沢を放っています。本来は懐紙、菓子切、扇子、帛紗などの茶道具を入れる袋ですが、洋装にも合うデザインは、普段使いのポーチとしても重宝します。

■千歳盆


「千歳盆」は、裏千家の千歳盆点前で使われる道具です。お茶道具一式をしまう入れ物として、またお茶時には、ふたをお盆として使用できます。本塗りで、お盆になるふたの裏には「今日」という文字と「銀杏」が描かれています。


大阪タカシマヤ6階美術画廊では、今回ご紹介したほかにも、さまざまな茶道具をご用意しております。国内外で注目され、ますます人気の高まる「茶道」。お気に入りの茶道具を揃えて、お茶を楽しんでみませんか。

※写真はイメージです。

関連記事