子育てママをサポート!時短便利グッズ活用で赤ちゃんとの時間を楽しく!

おうちにいる子育て中のママは、朝から晩まで大忙し。健康管理をはじめ、寝かしつけや離乳食づくりと、どれも手を抜けない大切なお世話ばかりです。そんなママをサポートするとっても便利なアイテムが、ますます進化しています。時間が節約できて効率的。時間にゆとりがもて赤ちゃんと過ごす時間が増えることが、ママの心の余裕にもつながります。笑顔で楽しい子育てを応援するための最新子育てアイテムをご紹介します。

 

離乳食づくりのストレスを解消!赤ちゃんとパパママ同じ食材で食卓を囲んで


離乳食の最初は野菜のすりながしから。1日1種類の野菜で1さじからスタート。ママは赤ちゃんのためにおろしがねで野菜をすります。
1日3回食になる頃には、食べられる種類も増え、毎食おろしがねをして、腱鞘炎になってしまうママもいます。ママが離乳食づくりを辛く感じてしまうと、「大変だったのだから食べて」という気持ちからママの表情も変わり、赤ちゃんは敏感に感じ取って泣き出してしまうことも。そんな悩みを解決するのにおすすめなのは、こちら。

■<ブレッツァ>「ブレッツァフードメーカー」
「ブレッツァフードメーカー」は、ミキサーに“蒸し”機能がついた自動調理器。生の野菜や果物も、簡単なボタン操作で、あとはお任せするだけ。蒸す機能も付いているので、じゃがいもなどの調理も楽々。素材の美味しさを活かしたスムージーやスープ、ディップなど、アイデア次第で離乳食から大人レシピまでメニューの幅が広がります。赤ちゃんのためだけに調理するのではなく、パパママのメニューも一緒につくれることで離乳食づくりの負担感が消えるだけではなく、同じ食材を一緒に楽しむことで赤ちゃんが初めて食べる食材の味を「美味しいね」「甘いね」と共感し合える時間に変わります。
カップ、フタ、カッターユニットの3つのパーツを洗うだけなので、お手入れが簡単なのもうれしいポイントです。
※タカシマヤでは日本製竹食器[FUNFAM]代表 離乳食研究科YASUYO氏による「ブレッツァフードメーカー」を使った離乳食のワークショップも開催。
詳しい情報は高島屋HP赤ちゃんフェア各店イベントページへ

 

素材にこだわった&パッケージもおしゃれな離乳食




■無農薬&有機野菜のパウチ型離乳食[Baby Orgente]
赤ちゃんのおでかけが増えている昨今は、外出先で離乳食を食べさせる場合も増えています。既成の離乳食は、瓶入りが多く、持ち歩くのに重たい! 瓶を捨てる場所がない! などのママの声に応えた商品をご紹介します。
[Baby Orgente]は、素材にこだわったパウチ型の離乳食。無農薬&良質な土で育った野菜や、手仕込みの天然だしを使用。幅広い月齢の赤ちゃんに食べてもらえるように栄養士さんと考えたバラエティー豊かなメニューがそろっています。アルミが食品に付かない特殊減菌構造の特製パウチを採用して、常温保存が可能で持ち運びにも便利。


■北海道産食材100%の離乳食[Hokkaido Made Baby Potage]
北海道産の野菜をフレーク状にした北海道発の離乳食ブランド[Hokkaido Made Baby Potage]。添加物・保存料・着色料不使用。フレークを水やミルクに溶かすだけで、あっという間に野菜の裏ごし状態に。これまで月齢に合わせて揃えていた離乳食がこれ1つで初期から後期、さらには大人用にも調理できるため、親子で同じ食材で食卓を囲めます。
こちらの離乳食は全国の百貨店で高島屋が初めてのお取り扱い。高島屋限定の味もございます。

 

寝かしつけタイムが新しくなる!親子で楽しむ“絵本シアター”




おうち子育ての悩みとして挙げられる‘寝かしつけ’。なかなか寝つけない赤ちゃんに絵本を読み聞かせすることも多いでしょう。そんな日々を少しでも楽にしてくれるのがこちら。

■「おそらの絵本」
「おそらの絵本」は、おうちの寝室が“絵本シアター”に早変わりするアイテム。スマートフォンに取り付けて専用アプリと連動させるだけのお手軽プロジェクターです。大好きなママの読み聞かせの安心感とアプリのBGMや効果音が、こどもたちを心地よい眠りへと導いてくれます。程よく暗い部屋でのステキなイベントは、親子の時間にも深みを与えてくれそうです。月齢に合わせて全12種類ある「おはなしディスク」からお話を選べます。

 

最新アイテムでスマートに健康管理




■<ピジョン>チビオンTouch
「<ピジョン>チビオンTouch」は、赤ちゃんのおでこに当てるだけ、約1秒で熱を測定できるベビー用体温計です。検温を嫌がる赤ちゃんにもおすすめ。赤ちゃんもママもストレスなく測れるため、毎日の検温が効率的にできます。



■<ドリテック>デジタル温湿度計『ルミール』

赤ちゃんは自分で体温をコントロールしにくいため、体調管理のためには室温や湿度を知ることはとても大切。<ドリテック>「デジタル温湿度計『ルミール』」は、3色のLEDで熱中症やインフルエンザの危険度の目安をお知らせしてくれます。



■<ベビースマイル>電動鼻水吸引器

赤ちゃんの鼻水のケアをしっかりサポート。<ベビースマイル>の「電動鼻水吸引器」は、ハンディタイプなので、片手で楽に操作できます。保育園に通う赤ちゃんはよく風邪をもらって来てしまいます。働くママにとって赤ちゃんの風邪は困りものです。電動式のこちらは、赤ちゃんの鼻水をママの口で吸わないため、二次感染の予防にもつながります。

最近では、忙しいママの子育てをサポートするさまざまなアイテムが発売されています。機能性が高く、効率的で、しかもスタイリッシュ。便利アイテムを上手に取り入れて浮いた時間は、赤ちゃんとのコミュニケーションに充てられます。

タカシマヤ各店では、バイヤーが厳選した話題の最新子育てアイテムをそろえた「2018秋の赤ちゃんフェア」を2018年9月19日(水)→10月2日(火)まで開催。この機会に、ぜひご家族でご一緒に、お客さまに合ったベビーアイテムを見つけに来てください。

※店舗により、取り扱いアイテムが異なります。
※本記事の作成は2018年9月18日時点の情報に基づきます。
※写真はイメージです。

関連記事