岡山発のオリーブオイルコスメの実力

オリーブグリーンのレトロなボトルが印象的な化粧水「オリーブマノン グリーンローション(果汁水)」などで知られる[日本オリーブ]。昭和24年の創業以来、敏感なお肌にも「安心」で「安全」を感じられる商品をお届けしたいと、ナチュラルなオリーブオイルコスメを作り続けています。泉北タカシマヤ3階リビング用品売場暮らしのNewスタイルコーナーでは、2018年3月14日→3月27日に「春のリビングスタイルフェア」を開催し、岡山県瀬戸内市のオリーブ畑から生まれた[日本オリーブ]のコスメをご紹介します。

 

オリーブが人々の生活を豊かにすることを信じて70年[日本オリーブ]




[日本オリーブ]のオリーブオイルコスメ発祥の地、岡山県瀬戸内市牛窓(うしまど)には、およそ2000本のオリーブの木が植えられた、広大な自社オリーブ園があります。瀬戸内海を望むこの地でオリーブ栽培が始まったのは第2次大戦中のこと。そして戦後まもなく、オリーブオイルを化粧用に商品化する日本オリーブ株式会社が設立されました。

岡山県は「晴れの国おかやま」をうたうほど雨が少なく、日照時間が長いので、オリーブ栽培に適しています。のちにスペインにも自社農園を作り、長年の経験を生かして専門スタッフが大切に育てたオリーブを原料に、「お肌に要らないものは極力加えない」という方針を基に、オリーブにこだわった商品作りを続けています。

 

「さらさらしっとり」のヘルシー&ナチュラルコスメ





「オリーブマノン 化粧用オリーブオイル」の魅力は、合成香料・着色料・石油由来界面活性剤・タール系色素・鉱物油・アルコールは無添加で、こだわりのオリーブオイルを使用し、さらさらとして肌なじみがよいことです。べたつかず、お肌に優しい使い心地のオリーブオイルなので、スキンケアの仕上げに1滴、お肌になじませます。そのほかにも、使い方はいろいろ。メークのクレンジングや髪と地肌のトリートメントなどに使用するのはその一例です。

また、発売以来20年以上も人気を誇る「オリーブマノン グリーンローション(果汁水)」は、牛窓オリーブ園で収穫したまさに純国産のオリーブ果汁を使った化粧水です。オリーブオイルを使っているので、しっとりすると感じる方が多いようです。またパラベンや香料などを使用していないので、敏感肌の方やナチュラルコスメにこだわる方にも使い心地のよい化粧水です。性別や年齢を問わずにお使いいただけます。

 

オリーブオイルコスメを豊富に取り揃えたフェアを開催




泉北タカシマヤ3階リビング用品売場暮らしのNewスタイルコーナーでは、[日本オリーブ]のオリーブオイルコスメを豊富に取り揃えたフェアを開催いたします。フェアでは、「オリーブマノン 化粧用オリーブオイル」や「オリーブマノン グリーンローション(果汁水)」のほか、天然の美容成分として知られる「紫根」(しこん)を配合した「シコリーブシリーズ」などをお試しいただけます。さらに、各商品の試供品などもご用意しております。毎日使うものだから、コスメとの相性はご自身のお肌で確かめたいもの。この機会にぜひ[日本オリーブ]オリーブオイルコスメをご体感ください。なお期間中は、オリーブのポット苗木も合わせて販売いたします。


泉北タカシマヤ「春のリビングスタイルフェア」は3階リビング用品売場暮らしのNewスタイルコーナーにて、3月14日→3月27日(午前10時から午後7時。最終日は午後4時終了)に開催いたします。ヘルシー&ナチュラルに毎日の生活を楽しみたい方は、ぜひ会場へお立ち寄りください。